CPIまるわかりガイド--Online Help

 



マルウェア診断

FTPアカウントの設定

FTPアカウントの設定では、ファイルをサーバーに転送するためのサーバーへの窓口を作成します。
初期状態ではセキュリティーを考慮し、FTPアカウントは設定されていませんので、必要に応じて設定してください。

◆注意◆
■サーバー内に予め設定されているディレクトリは、サーバー稼働や各種プログラムの実行に必要なディレクトであるため、一部操作の制限をしております。

・対象ディレクトリについて以下の操作を制限しております。
 ディレクトリの移動
 ディレクトリの削除
 ディレクトリのリネーム

・対象ディレクトリ
 httpのドキュメントルート:/html
 httpsのドキュメントルート:/secure
 ログディレクトリ:/log

・対象ディレクトリのパーミッション(アクセス権限)の変更は可能となります。
・ドキュメントルート(/html、/secure)を複製することは可能となりますが、複製したディレクトリは削除ができなくなりますので、削除が必要になりましたら弊社まで、削除ディレクトリのフルパスをご明記のうえ、制限の解除をご依頼願います。制限解除後、お客様にてディレクトリを削除願います。
・ftp ディレクトリは制限をしておりませんが、リネーム、削除、パーミッションの変更など行わないでください。これらの作業を行うと運用上思わぬ不具合が発生いたします。

■サーバー負荷軽減のため、同一 IP アドレスからの接続数を制限しております。
接続数や設定変更に関しては、サーバーの稼働状況を確認し弊社にて随時変更しております。
お客様からのご依頼で変更はできかねますので、ご了承願います。



FTPアカウントの作成


 コントロールパネルの【FTP/ファイル管理】から、【FTPアカウントの設定】をクリックします。



 【FTPアカウント新規作成】ボタンをクリックします。



 FTPアカウントを設定します。


FTPアカウント 作成したいFTPアカウントを入力します。FTPアカウントは任意の英数字(半角)で入力します。

◆注意◆
サーバの仕様上、およびセキュリティ上の問題のため、下記アカウント名での使用は禁止とさせていただいております。

「test」「user」「access」「account」「backup」「nobody」「ftp0」「ftp1」「ftp2」「ftp3」「ftp4」「ftp5」「ftp6」「ftp7」「ftp8」「ftp9」「toor」「daemon」「operator」「bin」「tty」「kmem」「games」「news」「man」「sshd」「bind」「uucp」「xten」「pop」「www」「mailnull」「smmsp」「oracle」「sybase」

上記のFTPアカウント以外でも推測されやすい安易なアカウント名やパスワードは、不正侵入の可能性が高くなりますので、設定しないようご注意ください。

また、FTPアカウント名に2バイト文字(日本語、全角など)は利用できません。半角英数字を利用してください。

安全なサーバー環境を提供するための対策ですので、ご協力をお願いいたします。
パスワード 設定したいパスワードを入力します。
パスワード(再入力) パスワードに入力したものと同じ内容を入力します。
コメント このFTPアカウントにつけるコメントを入力します(省略可)。

◆注意◆
入力は半角英数字のみです。
機能リニューアル以前にコメント欄に日本語文字をご利用されていた場合、設定変更時にそのまま登録するとエラーが表示されます。 コメント欄は半角英数字に変更してください。
ログインディレクトリ FTPアカウントでログインするディレクトリをプルダウンメニューから選択します。

■ログインディレクトリについて
ログインディレクトリとは、設定したFTPアカウントでログインするディレクトリです。FTPアカウントによってアクセスできるディレクトリを制限できます。
“/secure/”をログインディレクトリに選んだ場合、“/secure/”以下のディレクトリにアクセスすることはできますが、それより上の階層にアクセスできません。
ウェブサイトをアップする場合は、“/html/”を、すべてのディレクトリにアクセスできるようにするには“/”を選択します。




 アカウントが追加されると【FTPアカウント[*****]の新規追加を完了しました】と表示されます。



 【FTPアカウントの設定】画面に移動すると、追加したアカウントが確認できます。



Copyright 2020 KDDI Web Communications Inc. All Rights Reserved.