CPIまるわかりガイド--Online Help

 


マルウェア診断

高機能フォーム作成ウィザード

高機能フォーム作成ウィザードでは、申込みフォームや問い合わせフォーム、アンケートなど、さまざまなフォームを作成できます。 入力フォームに入力された内容は、設定したメールアドレスで受信したり、サーバーにCSV形式でデータを蓄積できます。

フォームのサンプルはこちらをご覧ください。



◆注意◆
■高機能フォーム作成ウィザードは、お客様の独自ドメインによるSSLサーバー証明書に対応しておりません。あらかじめご了承ください。
■フォームのインストール先ディレクトリは、あらかじめFTPクライアントソフトを使って、/htmlディレクトリまたは/secureディレクトリの下に作成してください。作成したディレクトリは、インストール先を指定するディレクトリ一覧に表示されます。
なお、フォームに入力されたデータをファイルに書き出す場合は、セキュリティを考慮し、/htmlディレクトリや/secureディレクトリの下には、データを書き出さないようにしてください。データ出力用のディレクトリを「/」(ルート)ディレクトリ以下に作成してください。


ヒント
コントロールパネルは30分以上画面遷移しない場合、セキュリティ保護のためログアウトします。
フォームの項目や、返信メールの内容など、フォーム作成に必要な項目はあらかじめ決めておきましょう。



お問い合わせフォームの作成例

下記のような項目のフォームを作成する場合
項目名 フォームの形式 必須 入力チェック
会社名 テキストボックス    
部署名 テキストボックス    
住所 郵便番号付住所型(3box)    
電話番号 TEL/FAX型(3box)    
氏名 姓名型(2box) 必須  
メールアドレス メールアドレス(2box) 必須 メールアドレス以外は不可
どこで知りましたか? チェックボックス    
お問い合わせ内容 テキストエリア 必須  

高機能フォーム作成ウィザードを使うと、以下のようなフォームを作成できます。
(デザインは、テンプレートの中の一例です。)


フォームに入力された内容は、設定したメールアドレスで受信したり、サーバーにCSVファイルとして蓄積する事もできます。
Copyright 2020 KDDI Web Communications Inc. All Rights Reserved.