CPIまるわかりガイド--Online Help

 


マルウェア診断

項目内容の設定

フォームの入力項目の形式を設定します。


設定項目 内容
項目名 前ページで入力したフォームの項目名が表示されます
フォームの形式 項目名に対して、設定したいフォームの形式を選択します。
フォームの形式については、下記ヒントをご覧ください
必須 入力必須にしたい項目にチェックを入れます。
入力チェック 入力内容をチェックしたい場合に指定します。
メールアドレスの場合、「メールアドレス以外は不可」を選択すると、入力された内容がメールアドレスとして妥当か否かをプログラムがチェックします。

ナンバリング設定を使用することにより、項目名の前に質問1や質問2などの文字列を追加することができます。「質問」の部分は、「問」や「Q」など自由に変更できます。


入力後、【次へ】ボタンをクリックします。


ヒント  フォームの形式について

テキストボックス 一行の短いテキストを入力するのに適した形式です。
テキストエリア 複数行にわたる長い文章を入力するのに適した形式です。
プルダウンメニュー 複数の選択肢の中から一つだけ選択させるのに適した形式です。
ラジオボタン 複数の選択肢の中から一つだけ選択させるのに適した形式です。
チェックボックス 選択肢の中から複数個を選択させるのに適した形式です。
パスワード入力 入力内容が伏せ字で表示されます。パスワードなどの入力に適した形式です。
メールアドレス(2box) メールアドレスの入力用テキストボックスが2個表示されます。2回入力することで入力ミスをチェックします。
郵便番号付住所型(3box) 郵便番号用の入力用に2個、住所の入力用に1個のテキストボックスが表示されます。
姓名型(2box) 姓と名を分けて入力するのに適した形式です。
TEL/FAX型(3box) 電話番号の入力用に3個に分かれたテキストボックスが表示されます。
都道府県 プルダウンメニューで、日本全国の県名が表示されます。


続いて、選択肢のある項目の設定を行います。
 選択肢のある項目の設定
Copyright 2022 KDDI Web Communications Inc. All Rights Reserved.