CPIまるわかりガイド--Online Help

 


マルウェア診断

フォーム管理画面

フォーム管理画面では、作成したフォームの変更や削除を行います。

 コントロールパネルの【ショップ構築ツール】から、【高機能フォーム作成ウィザード】をクリックします。



 【フォーム管理画面】をクリックします。




削除について

管理画面を開くと、作成済みのフォームの一覧が表示されます。削除したいフォームの【削除】ボタンをクリックします。

◆注意◆
フォームのhtmlファイルのみ削除されます。データをCSVで書き出す設定にしている場合、CSVファイルは削除されません。




変更について

管理画面を開くと、作成済みのフォームの一覧が表示されます。変更したいフォームの【変更】ボタンをクリックします。
各項目の変更を行い、ページの一番下にある【変更】ボタンをクリックすると、変更が反映されます。


◆注意◆
変更では、以下の操作を行うことはできません。
■項目の追加、削除を行った場合には「管理者に送信されるメールの内容」や「フォームの投稿者に自動送信されるメールの内容」等もお客様にて手動で編集いただく必要がございます。
■フォームの形式は、変更できる形式が決まっています。テキストボックスからテキストエリアに変更することはできますが、テキストボックスからラジオボタンに変更することはできません。
以下のグループ同士であれば、フォーム形式を変更することができます。

テキストボックス、テキストエリア、パスワード入力、メールアドレス、
郵便番号付住所型(3box)、姓名型(2box)、TEL/FAX型(3box)、都道府県

プルダウンメニュー、ラジオボタン、チェックボックス

■インストールされたディレクトリの変更や、htmlファイル名の変更はできません。


フォームの確認画面、送信完了画面、エラー画面を編集することができます。


フォームの確認画面
固定デザインを使用する 標準デザインの確認画面となります。
確認画面のデザインを自分で定義する テキストボックスにHTMLを記述することにより、ページのデザインを編集することが可能です。

フォームの送信完了画面
固定デザインを使用し、以下の文章を画面上に表示する 標準デザインの送信完了画面となります。
画面に表示する文章を指定することができます。
送信完了画面のデザインを自分で定義する テキストボックスにHTMLを記述することにより、ページのデザインを編集することが可能です。

フォームのエラー画面
固定デザインを使用し、以下の文章を画面上に表示する 標準デザインのエラー画面となります。
画面に表示する文章を指定することができます。
エラー画面のデザインを自分で定義する テキストボックスにHTMLを記述することにより、ページのデザインを編集することが可能です。
Copyright 2022 KDDI Web Communications Inc. All Rights Reserved.