CPIまるわかりガイド--Online Help

 



マルウェア診断

データベースとは

特定の対象や目的に関連した情報やの集まりをコンピュータの記憶装置上で一元的に管理したデータの集まりのことをいいます。 一般的にデータベースと言っているのは、データベース管理システムやデータベースソフトウェアのことを指すことが多いようです。


データベースについて

ご利用いただけるデータベースはMySQL4.0、MySQL5.0、PostgreSQL8.1です。データベースを利用し、PHPやPerlと組み合わせることによって動的なデータベースをWebページに設置することができます。 データベースの操作については、コントロールパネルからテーブルやビューの作成、データの追加、更新などが初心者の方でも簡単に操作できるようなユーザーインターフェイスを用意しています。それに加え、SQL構文を入力することにより上級者の方でも満足のいくデータベース操作をすることができるようになっています。


Webページでの利用について

データベースを利用して、商品情報や在庫管理、顧客管理、製品情報の検索、技術文書の管理に用いるなどさまざまな用途が考えられます。 データベースをWebページと連動させて使う場合にはWebページ、CGI、MySQLやPostgreSQLの仕組みを十分ご理解の上ご利用ください。 PHPやPerlからデータベースに接続する場合はホスト名、ポート、データベース名、ユーザー名が必要になります。
設定完了通知に記載されていますのでご確認ください。


データベースへの接続

MySQL4.0
ホスト名 localhost
ポート番号 3306
データベース名 ユーザID
ユーザー名 ユーザID
パスワード コントロールパネルの初期ログインパスワード

MySQL5.0
ホスト名 127.0.0.1
ポート番号 3307
データベース名 ユーザID
ユーザー名 ユーザID
パスワード コントロールパネルの初期ログインパスワード

PostgreSQL
ホスト名 localhost
ポート番号 5432
データベース名 ユーザID
ユーザー名 ユーザID
パスワード コントロールパネルの初期ログインパスワード

DBを追加された際は、接続先のデータベース名は「ユーザーID_任意の文字列」となります。

Copyright 2020 KDDI Web Communications Inc. All Rights Reserved.